オズボーンのチェックリストを48に細分化したイベールのスキャンパー

Osborn's Checklist 9

およそ60年前にアレックス・オズボーン(Alex. F. Asborn)が創案した発想法「オズボーンのチェックリスト9」とは、

1 別用途

Other uses/アザー・ユース…他に用途はないか?

2 適合

Adapt/アダプト…他にこのようなものがあるか? 過去に匹敵したものは何か?

3 変更

Modify/モデファイ…色、音、匂い、意味、動き、形など、新しいアングルはないか?

4 拡大

Magnify/マグニファイ…大きさ、時間、頻度、高さ、長さ、強さを拡大できるか?

5 縮小

Minify/ミニファイ…より小さくできるか?携帯化できるか?短くできるか?省略できるか?軽くできるか?

6 代用

Substitute/サブスティテュート…他の材料、 他の過程、他の場所、他のアプローチ、 他の声の調子、他の誰か、異なった成分など、他の何かに代用できないか?

7 再配列

Rearrange/リアレンジ…要素、成分、部品、パターン、配列、レイアウト、位置、ペース、スケジュールを変えられないか?原因と結果を替えられないか?

8 逆転

Reverse/リバース…逆にできないか? 後方に移せないか? 役割を反対にできないか?ターンできないか?反対側を向けられないか?マイナスをプラスにできないか?

9 結合

Combine/コンバイン…目的や考えを結合できないか?一単位を複数にできないか?組み合せられないか?




SCAMPER

オズボーンに遅れること約50年後、ボブ・イベールが著した発想法のSCAMPER(スキャンパー)
http://www.amazon.co.jp/Scamper-Bob-Eberle/dp/1882664248

SCAMPERとは、

S = Substitude 代用できないか?
C = Combine 結合できないか?
A = Adapt 適合できないか?
M = Modify 変更できないか?
P = Put to other users 別の用途はないか?
E = Eliminate 削除できないか?
R = Reverse 逆転できないか?

以上7要素の頭文字を繋げた造語。

一見すると、オズボーンのチェックリストの中から7つを選出し、7つの頭文字をつなげて造語化しただけのように思われしところ、スキャンパーの特徴は、7つのキーワードを更に細分化して、48の質問にしたことです。

お知りになりたい方は、ボブ・イベール(著)SCAMPERを御覧になる他ありませんが、

「英語の本は読めねー!」

という方のために(笑)SCAMPERの48の質問を掲載しているサイトをご紹介しておきます。
http://www.itmedia.co.jp/bizid/articles/0804/15/news007_2.html
http://www.itmedia.co.jp/bizid/articles/0804/15/news007_3.html

サイトマップへ(すべての記事を一覧できます)

筆者の電子書籍も読む